ドローンに興味がある、ドローンをこれから始めたい。【DJI製ドローン一択です】

ドローンに興味があるけど、『さて何をどうしたわいいのか、よく分からない』というか方も多いのではないでしょうか。この記事では、ドローンを始めたいと思っている人に向けて、苦労なく気軽に楽しめるドローン製品についてご紹介してみたいと思います。

ドローン関連の書籍を4冊ほど出版しています。
そんな私がお勧めのドローンについてご紹介したいと思います。

おすすめはDJI一択です

インターネットやテレビのニュースなどで、ドローンを取り上げた記事や報道を頻繁に見かけるようになってきました。物の配送や人の移動、各種点検や測量、空撮など、応用の幅が限りなく広いドローンは、近い将来、間違いなく社会的なインフラとして組み込まれていくことになるでしょう。

こうした中、ビジネス、または個人的な趣味の領域でドローンに対する関心が高まっているなか、実際に飛ばしてみたいと思う方は年々上昇しています。

ドローンに搭載されたカメラからの映像を見ながら操縦する感覚は、遠隔での操作というよりも、むしろドローンに乗って操縦するパイロットになった気分を味わうことができます。もしくは、鳥の視点で大地を俯瞰しながら、自由自在に大空を飛ぶような楽しみを得ることができるのがドローンです。

これまでに出版してきたいくつかの書籍にて、ドローンはどんな部品で構成され、基盤同士の配線や設定方法はどのようにするかなどを解説してきました。ドローンを組み立ててみたい、自作したドローンでレースに参加してみたいなどといった人に向けの内容となっています。

これはこれでとても奥深く、面白い分野ではありますが、その一方でドローンが完成するまでの労力や時間、思い通りに飛ばせるようになるまでの練習の積み重ねなど、とてもハードルが高いのも事実です。

もっと気軽にドローンを楽しみたい

ドローンを買ってすぐに飛ばしてみたい。でも、おもちゃのドローンではなく、後々操縦が熟練してからも長く楽しみたい。

このような希望をドローンに抱いている人が何を選べばいいのか。

結論から先にお伝えすると、「世界最大のドローンメーカーであるDJI」の製品を選べば間違いありません。

なぜDJIなのか?

一言で言ってしまえば、DJIほど完璧なドローンを製品化しているメーカは他にない、ということになるかと思います。

ドローンを操縦する際の安定性や搭載されたカメラの品質はとても優れています。

また、空を飛ぶドローンには、墜落や衝突で機体が壊れてしまったり、人や器物を破損させてしまうリスクが存在するのも事実です。

しかし、DJIのドローンはこうしたリスクに対する安全性もしっかりと設計されています。飛行中に障害物を回避してくれたり、緊急停止したまま落下せずにホバリングを続けてくれます。

どんなタイプのドローンがあるの?

DIJに限らず、ドローンには大別して2つのタイプがあります。

・飛行(操縦)の楽しさを追求するためのドローン
・高画質の空撮を目的としたドローン

飛行(操縦)の楽しさを追求するためのドローンとは

フリースタイルと言って、鳥のように大空を飛び回り、水面ぎりぎりを滑空し、ビルの谷間を自由自裁に飛び回ることが可能なタイプのドローンがあります。

空撮用ドローンとの大きな違いは、アクロバティックな飛行が出来ることです。

一般的にアクロバティックな飛行を楽しむためには、熟練したドローンの操縦スキルが不可欠です。衝突などを回避させるための技術や経験がなければ、安心してドローンを飛行させることは不可能です。

でも、DJIのドローンなら買ったその日からでも、飛行を楽しむことができるだけの性能が備わっています(もちろん、安全を心がけたフライトをすべきなのは言うまでもありませんが)。

さらに言えば、DJIのドローンは飛行を楽しむタイプであっても、高画質カメラが搭載されていますから、飛行中の様々なアングルから空撮することも可能です。

空撮目的のドローンとは

空撮目的のドローンの場合は、何よりも安定した飛行が求められます。

不安定に機体が右や左に揺れ動くのでは高画質の写真や動画撮影はできません。ホバリングなど飛行自体が安定しており、かつカメラを搭載したジンバル(飛行動作に合わせてカメラ角度を変える部品)も高性能なものが使われています。

もちろん撮影するためのカメラ自体が高品質なことはいうまでもなく、空撮専用機では、とても綺麗な写真や動画撮影が可能となります。

DJIドローンを選ぶならDJI FPV

DJIのドローンには様々な製品がありますが、それらの中で特にお勧めしたい製品をご紹介してみたいと思います。

なんといっても、最大のおすすめはDJI FPVです。

お勧めする理由は下記の記事にて詳細を説明しいますが、要はアクロバティックなフリースタイル飛行を楽しめ、かつ高品質映像システムにより空撮専用機と同等の写真・動画撮影ができることが魅力です。

もちろん、初心者でも安心して楽しむことが出来る飛行モードや安全システム、遠くまで飛ばし過ぎても自動操縦で帰還してくれる機能など、至れり尽くせりのドローンです。

さらに嬉しいことに、2.4 GHz周波数帯利用のDJI独自技術のお陰で、従来のドローンのようなアマチュア無線資格や移動無線局届け出などの対応が必要なくなりました(従来は5.8GHz帯の電波利用のため、無線資格や無線局届け出の義務があった)。

DJI FPVの素晴らしさをご紹介します。まずは3分ほどの動画をお楽しみください。

DJI – Introducing DJI FPV

DJI FPVの全て

航空力学に基づいた設計が施され、スタイリッシュなボディのDJI FPV。 パワフルな推進力と優れたバッテリー駆動時間の両立、耐風性を兼ね備え、外観・機能性ともに圧倒的なクオリティを実現しています。

そしてなんと、最高時速は140kmを記録したそうです。

新時代の没入感。抜群のFPV制御

FPVとは「First Person View」の略で、「一人称視点」ということです。つまり、ドローンに搭載されたカメラからの映像が、下記のようなゴーグルに映し出され、それを見ながらドローンを操縦するのです。

DJI FPV Goggles V2とDJI FPVドローンに搭載された超広角150°FOV(視野角)カメラにより、リアリティとスリルに満ちた没入型飛行を楽しめます。

 最大120fpsのHD動画伝送で滑らかな飛行映像をリアルタイムでゴーグルへ表示します。

DJI 伝送システム

DJI FPVは、DJI O3 (OcuSync 3.0)伝送システムを搭載。クリアな映像を最大10 kmの距離までリアルタイム伝送することが可能です。

動画伝送レイテンシー28 ms(DJI FPVの動画伝送の遅延時間は28 ms以下)
動画伝送距離 10 km DJI FPVのHD動画伝送距離は最大10 km
動画伝送ビットレート50 Mbps(DJI FPVの動画伝送ビットレートは最大50 Mbps)

フライトスキルに応じた3つのモード

熟達したドローンパイロットでも、ドローン初心者でも、DJI FPV3つのフライトモードから操縦レベルに合ったモードを選択できます。

Nモード

初心者にはNモードでの飛行をお勧めしまます。加速度センサーやジャイロセンサー、障害物検知センサーなどの働きにより、安心してドローンを制御し没入型飛行を体験できます。

障害物検知のような安全機能は、DJIならではの機能です。

Sモード

Sモードでは、FPVのダイナミックな映像を簡単に楽しめます。

NモードとMモードのハイブリッドで、マニュアル操作の自由度とドローン自立制御機構が併存したフライトモードです。

Mモード

Mモードでは、自由度の高い完全なマニュアル操作と完全なFPV飛行体験を楽しむことができます。YouTubeなどの動画サイトで見かけるようなアクロバティック飛行はMモードによるものです。

また、設定内容を自分で調整し、独自にカスタマイズされた飛行と映像を体験できます。

加速到達時間 (0 – 100 km/h) 2.0秒
最高時速 (Mモード時) 140km/h

DJI モーションコントローラー

驚くほど直感的な操作感を実現するコントローラーです。FPVで単に革新的な機能というだけでなく、今までに味わったことのない飛行体験を提供します

DJI モーションコントローラーで新たな飛行体験レベルへ進化しました。左記のコンパクトなデバイスで、手の自然な動きに基づいて機体を操縦します。

安全を、最優先に 緊急ブレーキ&ホバリング

プロであっても、自室制御機能をカットしたマニュアル操作でのFPV飛行は、常に安全に対する注意を怠ることが出来ません。

DJI FPVの送信機には緊急ブレーキ&ホバリング機能が搭載されています。

ボタンを押せば、飛行モードや速度にかかわらず、ドローンは数秒のうちに停止し、安定した状態でホバリングします。

安全を考慮した飛行

利用のエリア内のADS-B信号を伝送する飛行機やヘリコプターから飛行位置情報を取得し、Goggles V2を介して警告が表示されます。そのため近くで飛行中の航空機を十分な余裕を持って回避することができます。

高度安全機能

底部補助ライト、スマートRTH (Return-to-Home)、ローバッテリーRTH、前方&下方障害物検知といった機能が全てDJI FPVに搭載されているので、高速飛行中でも安全性が確保されます。

期待を裏切らないDJIの映像技術

飛行性能の進化とともに映像技術も大幅に向上し、空撮専用機に匹敵する映像機能が提供されています。

150°超広角FOVを備えたDJI FPVは、迫力ある映像を提供します。

また4倍スローモーション、RockSteady映像ブレ補正、歪み補正機能により、滑らかで臨場感あふれる映像を楽しむことができます。

リアルを超える、映像クオリティ

DJI FPVは、最大120 Mbps4K/60fps動画を撮影することが可能です。細部まで鮮明に逃さず捉え、飛行の興奮をがそのまま記録されます。

RockSteady映像ブレ補正

どんなにダイナミックな飛行に挑戦しても、RockSteady EIS技術による映像ブレの補正で驚くほど滑らかな映像を撮影できます。

簡単パーツ交換

DJI FPVの機体はモジュラー設計で、ジンバルカメラ、ランディングギア、トップシェルは全て簡単に交換できるます。DJI Care Refreshなどのアフターサービスもあり様々な種類の損傷がカバーされます。

オーディエンスモードで、飛行の興奮をシェア

別のDJI FPV Goggles V2 ユニットを自分の機体のチャンネルに同期させるだけで、 ゴーグルで見ている飛行映像を共有することができます。

DJI Fly アプリ

スマートフォンとゴーグルをケーブル接続すれば、ゴーグルからのライブビュー映像をスマートフォンのDJI Flyアプリで見ることができます。

編集&シェア

DJI Flyアプリ上で数タップするだけで、映像を再生・編集できます。また、その映像をSNSで共有もできます。

フライスポット機能

フライスポット機能で近くの人気空撮スポットを見つけることができます。

見た目もかっこいい!!

DJI FPVの機体の特徴として挙げられるのは、フロントとアームライトLED。アームライトの色はカスタマイズできるため、どれが自分の機体かをすぐに識別可能です。

やはり、LEDの有り無しは見た目を大きく左右します。自分好みに、青や赤、ホワイト等々の設定を施し、存在をアピールしたいですね!!

DJIドローンは正規代理店から購入しましょう

Amazon.co.jpはDJIの正規販売代理店です。DJI商品のメーカー保証は、販売元が『Amazon.co.jp』 と表示される商品が対象です。 他の出品者からの購入はメーカー保証対象外になる場合があります。

タイトルとURLをコピーしました